2012年1月12日木曜日

梅のしずくは天の雫 はじめに…

厳冬の中に咲く一輪の梅の花。
 私は神様のちょっとした悩みと秘密を知ってしまいました。

アトピー世代は、神様が新しく創造した次の時代の幕開けだったのです。

私たちは、神様と約束して、魂だけの自分から、身体を分け与えられて、この世に産まれました。魂の成長を目的にこの世にやって来たはずなのに、神様の思いとは違う所で人々に心の淀み(俗に悪魔などと呼ばれている)が起こってしまったのです。まるで人間がエネルギー資源を補うために良かれと思って生み出した核に、思いもしない核廃棄物が生まれてしまったのと同じ事。神様は想像していませんでした。人々の心の淀みは、神様が創造したものではありませんから、人間の様に目や手足を持たない神様にはどうしようもなかったのです。神様にできることは、人々の魂に語りかけることでした。ところがどんなに語りかけても、時間時間、お金お金、と人々は自分たちの作ったものに翻弄して忙しく、魂に語りかける神様の声は聞こえなかったのです。

そんな折、人々は戦争(人を殺してしまう実際の戦争や、人々の身体をむしばんでしまうものを作り病気や事故で死んでしまうことを含め)を作っては身体をなくし、当初の目的だった魂の成長を果たすことなく神様のもとへとすぐに戻ってしまい、何度も何度も同じ事を繰り返すようになり、成長どころか身体を持った魂は魂そのものすらボロボロになって行くのでした。身体に覆われて守られている魂だと何とも人の気持ちや思いを受け取るのが下手で鈍感。人々はお互いに傷つけ合ってしまいます。創造主としての神様は大変責任を感じ悩みます。

神様は思いつきます。ちょっと手荒いかも知れないが、しっかりと人々が真実を知るために身体の外側に精度の良い感覚器と魂を乗っけて見たらどうだろう。それがインディゴとかクリスタルとかレインボー等とカラフルな名で呼ばれている子供の誕生です。

ところが、感覚器や魂がむき出しの子供達には、この世の奪い取ることが中心の行為を繰り返す大人たちが理解できませんでした。そして、身体中に物質的なストレスと精神的なストレスを受け、身体の外側の傷はアトピーに、心の傷は身体の内側の病気として、また、魂の傷は、精神の病気へと、心の淀みは浸透して行ったのでした。

手荒い神様の計画でしたが、ある時、こんなことが起こります。身体の外側に傷を受けたアトピーの子のおばあちゃんの一人が、孫を思い、青い梅の実をぐつぐつ煮出してすっぱいエキスを作りました。そのエキスとふわふわの植物の油で出来たせっけんを混ぜ、悲しげな孫の擦り切れてしまった皮膚を、優しく手でスーとのばして、ふわふわな泡でマッサージしながら洗ってあげました。

 優しい優しいおばあちゃんが孫を守ってあげたいという“愛という泡”で孫のぐちゃぐちゃになった皮膚を覆ってあげたのでした。孫の皮膚はほんのりピンク色に変わり、ふわふわの肌に戻って行ったのでした。

魂から魂が産み出された瞬間を神様は見たのです。

神様は、目を覆いたくなる沢山の出来事を見てきましたが、こんなことは初めてです。このことも神様は予想しませんでした。

孫を思う気持ちは、神様が産み出したものではなく、魂が身体を受け取って以来始めて人間自身で創造した“愛”という副産物だったのです。

日本では、厳しい冬の真っただ中にふんわりほのかなピンク色の凛とした花びらを、とてもおめでたい席で祝福を表現するのに使います。梅の花一輪。その季節が来ると人々の中に芽生えた“愛”を感じます。

厳冬の中に咲いたふんわりほのかなピンク色の花びら…。


これが、アトピーで悩み続けた私が見た夢のお話です。



著者プロフィール
江口麻緒:

 環境問題の古典「沈黙の春」で地球の悲鳴を伝えた海洋生物学者レイチェル・カーソンは、幼児期からの自然との関わりの大切さを説き、半世紀以上も前から経皮毒の原因とされる環境ホルモン(内分泌かく乱物質)の人体への影響を訴えていました。
  心と体を浄化するために環境を整えることをライフワークにしている江口麻緒も、「アトピーは、宇宙からのメッセージ」と提唱します。自身のアトピーを治した経験をもとに、体も自然の一部であり、心の動きや考え方を自然界に合わせることが重要であると考えています。
  1962年、茨城県水戸市生まれ。35歳の時、内なる声を聴き、それまでの多忙を極めていた働く主婦としての生き方に疑問を持ち、モノやカタチに捕われない内面的なものを中心とした活動を始める。東日本大震災の2011年から「江口麻緒のアトピーせっけん」等、インターネットを中心に自然な生き方を発信中。現在は、鹿児島県指宿市在住。
  アーユルヴェーダ医学インストラクター、
スリランカ政府公認・アーユルヴェーダ医学協会(SLAMA)認定・日本アーユルヴェーダ普及協会(JAPA)認定
芳香療法研究家、自然療法研究家、食養生研究家、キッチンファーマシー推進家、梅姫本舗株式会社代表


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。